スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

素敵です☆松岡修造さん

2009.11.05.18:00

松岡修造さんのオフィシャルサイトが大人気って知りませんでした

昨日、『笑っていいとも』に出演していた水川あさみさんが、
松岡修造さんのブログがすごく面白いって、話をしていたので、
気になって見てみました。

修造からのビデオメッセージ『こんなあなたに・・・』の部分です。

今まで、知らなかったことを後悔しましたよ。

ただ熱い男ってゆうだけでなく、こんなことまでしてくれるなんて・・・
本当に元気になるし、テンションが上がってきますっ

本を買っちゃおうかと思うくらい 
松岡修造オフィシャルサイト

クリックするとサイトが見れます。

オフィシャルサイトの動画を集めて
一気に見れるようにしてくれているのもあります

松岡修造動画集
見たこと無い人は、ぜひクリックしてね

このほかにも、YouTubeなどの動画サイトでも、
みんなが編集した、いろんな修造さんを楽しむことができますよ~


こんなのとか


ブログランキングに参加したいです。よかったらクリックお願いします
スポンサーサイト

theme : みんなに紹介したいこと
genre : ブログ

ほうとう『小作』

2009.11.05.12:00

夕飯は、ほうとうを食べに石和駅前の『小作』へ 448

ほうとうは、武田信玄の陣中食だったとかで、
山梨には、お店がたくさんあります。

いつも『小作』に行ってしまうのは、ボリュームがあって、裏切らない味、
あと、遅くまで(22時まで)やってるのがポイントです。

特に、かぼちゃのほうとうなんて、かぼちゃが多すぎて、
かぼちゃでお腹いっぱいになります。

残念なのは、店内が禁煙じゃないこと。
せめて、分煙にはならないもんでしょうか・・・?
結構、喫煙率高いです。

この日は、茸ほうとう、1500円を食べました。

あつあつで、体があったまり大満足です398

ホームページはこちら155
『小作』


ブログランキングに参加したいです。よかったらクリックお願いします

theme : こんなお店行きました
genre : グルメ

笛吹きの湯

2009.11.05.09:00

下山したあとは、温泉に直行
この日は、笛吹きの湯にいきました。

公共温泉で、市外の人は、大人500円です。

シャンプー・コンディショナー・ボディーソープ付きです

内湯が2つと、露天風呂がありますが、
露天風呂は、かなり、ぬるい!!
これじゃ、風邪ひいちゃうよぅ
って 思うくらいぬるいんですけど・・・

『露天風呂は、外気温によって、温度が変化しますので、ぬるい方は、内湯をご利用ください』
の張り紙があるほどの開き直りっぷり。


この日は、何をボーっとしてたんだか、
全部、服を着て、さあ、ドライヤーを使おうとした時に気付きました・・・

ショック

トリートメントを流し忘れてるょ・・・・ぅ・・・

また、服を脱いで、やり直し。トホホ。
家では、こんな日もあるけど、外のお風呂でやったことはなかったなぁ


笛吹きの湯が気になったら、こちらをどうぞ159

笛吹きの湯

ブログランキングに参加したいです。よかったらクリックお願いします


theme : 銭湯・温泉・健康ランド
genre : 地域情報

乾徳山

2009.11.05.07:02

日にちが、前後してしまいますが、
10月24日。土曜日。くもり
久々に、山登りしましたー
目指す頂上は、山梨百名山の乾徳山 2031mです。

徳和から登りました。
こちら、駐車場前の水車小屋(大)です
水車小屋 よ2_convert_20091104232300

この裏が、お手洗い

少し歯なれたところに、小さいサイズのも・・・
水車小屋 小_convert_20091104232436

トイレを済ませて、さあ出発!!

なんですが、分かれ道で道を間違え、40分のタイムロス・・・・

ようやく乾徳山入り口にたどりつきました~
乾徳山入口_convert_20091104232542
なんか、ピンボケ399実は、帰りにフラフラしながら撮りました


しばらくは、杉林で、天気が曇りだったこともあり、
暗くて、鬱蒼とした感じが続きます。

入り口から、1時間30分くらい登ったところで、ようやく、目印の『駒止』に到着
駒止_convert_20091104232611

駒止から30分くらいで、水場:錦晶水にたどりつくのですが、

洞窟?みたいのを発見したので、ちょっと寄り道・・・・
穴 入口側 顔なし

穴 奥側_convert_20091104235035

この穴、なんと向こう側につながっていました162


穴からでたところは、人の身長分くらい掘られた空間が!!
かなり、綺麗に石が積まれてたんですが、
昔、人が、隠れてたんでしょうか?
って、考えてたりしたら、

『錦晶水』にたどりつきました
錦晶水_convert_20091104232835

なんと、先着は、野生の鹿。3頭も。親子なのかな?
私達が近づくと、逃げてしまうのかと思いきや、
少し離れたところから、ずっと様子をうかがうようにこちらを見ていました。

鹿の顔が確認できるくらいの距離で,かなりラッキー

先に水を頂いて、その場を去ると、
すぐに戻ってきて、お水を飲んでいました
やっぱり、ここの水がおいしいって知ってるんですね~

ここから、また山道を登り続けて、しんどくなってきたな~と思ったら、
急に、視界が開けて、右側に、でっかい富士山がっっ
曇ってるにもかかわらず、かなり、はっきりよくみえて、感激

ほんっとに、でっかい

写メはとったものの、富士山の迫力が、まったく伝わらないので、却下

さらに富士山を後ろに見ながら、登っていくと、でっかい『月見岩』に辿り着きます
月見岩とよし_convert_20091104232815


コレに登ると、目の前にでっかい富士山が見えて、かなりいい気分280

ここで、ちょっと休憩です。

月見岩から目印の扇平を通り過ぎると
扇平_convert_20091104232853

ここから先は、本格的登山って感じになってきて、
石や岩が多く、登りもハードに。

よく登山する人には、大したことないみたいですが、

虚弱な私には、久々の山登りだったので、ハードでした・・・
扇平後_convert_20091104232912

しばらく行くとでっかい岩と岩の間に隙間が

向こう側が見えるのかと、入ってみることに、

分かりにくいけど、奥のほうにいます
(画像をクリックして大きくすると、わかるかも)
チムニー_convert_20091104232926 
端はすっごい怖いけど、絶景が見えるーーー
って喜んでたんですが、この先、登ったところから、
開けた絶景を見ることができました155
乾徳山から紅葉1 顔ひげ
曇ってたこともあり、写メでは、役不足・・・・


そして、しだいに、登りは厳しくなり、まず、はしご
はしご_convert_20091104232943

頂上間近の鎖場
鎖場 小_convert_20091104233052


拡大
鎖場 大_convert_20091104233106

この長さと、絶壁具合は、初体験だったので、ちょっと怯みました
壁の向こうに、山頂を発見です

山梨百名山『乾徳山』2031m登頂でーーーす
やったぁーーー 


山頂ち_convert_20091104233149


山頂で、一服して、下山です。

ここまでは、元気だったんだけど・・・
扇平に到着する前に、足が、フラフラなことに気付く私・・・
この先どうするの?って不安で、さらに貧血気味に
なんとか、日が沈む前まで、ギリギリ下山できましたが、

体力の無さに撃沈でした


ブログランキングに参加したいです。よかったらクリックお願いします

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

プロフィール

ちぐぅ太

Author:ちぐぅ太
ぐうたら星人ちぐぅ太の
『スノーボード&山登り』
おでかけ日記

カレンダー
10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
テーマ別
気になるテーマを選んでね
検索フォーム
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
FC2カウンター
最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。